MENU

厚塗りをしている舞妓の汗を抑える方法として有名なのが、帯をきつく巻いて汗を止めている方法です。

 

それを利用して顔汗を止める効果を得ているのば汗止めバンドになります。

 

帯や汗止めバンドを使って上半身を抑えることによって大包や屋翳といった上半身にある汗を止めるツボを押す効果を得ることで汗を出さないという体の仕組みを利用した方法になります。

 

一時的な汗止め方法としては高い効果を発揮しますが、あくまでも一時的なものです。

 

圧迫するということは体に負担がかかってしまうため、長期的な効果すくないと考えられます。

 

体に負担に負担をかけずに改善したいという場合には、顔汗の原因を知って対処する必要があります。

 

顔汗の原因は、緊張や不安などの精神的なストレスです。ストレスを感じることで自律神経の発汗に作用する交感神経が過敏になることで顔から汗が出ます。

 

このストレスを和らげるためには深呼吸などがオススメです。また、顔にも使える制汗剤なども効果的となっています。

 

それでも改善しないという場合には、クリニックに行きボツリヌス注射の施術をしてもらったり、神経遮断薬や精神安定剤、漢方薬などを処方してもらうことなどがオススメです。